バカが教えるSEO講座

バカが教えるSEO講座:本当に検索結果上位に表示される方法

バカが教えるSEO講座:本当に検索結果上位に表示される方法

📌本当に検索結果上位に表示されるの? 📌自分の書いた記事がそもそも検索結果に出るの? 📌検索サイトの仕組みを知ろう
このような悩みを解説します😌   検索サイトの仕組みを理解して一緒に上位表示を目指しましょう٩( ‘ω’ )و  

そもそも自分の書いた記事が検索結果に出るの?

GoogleやYahoo!の検索結果に自分の書いた記事が本当に上位表示されるのかな?

結論:上位表示はされます✌︎(‘ω’)✌︎

  上位表示 競合との兼ね合いで絶対に上位表示されるとは限りませんが、競合が少ない検索キーワードであれば比較的早く上位表示されます(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎  

でも、そもそも検索サイトの検索結果の仕組みがどうなっているか考えたことある?

 

検索サイトの仕組みを知ることで検索流入を増やすことができるかもしれません( ✌︎’ω’)✌︎

 

 

検索サイトの仕組みを理解しよう

 

Google検索エンジンの仕組み

①クロール(情報を探す)

検索結果を出すために、検索サイトはクローラー(ウェブクローラー)というプログラムをインターネットの世界に無数に走らせています

クローラー

クローラーはリンクからリンクを移動してサイトに書かれている内容を集めます

そのため、リンク・被リンクが多いブログはそれだけでクローラーに捕捉される可能性が高まります。

WEBクローラーはリンクを伝って情報をあつめていく

なるほど!だからみんなリンクを貼ってるんだね(゚∀゚)!!

②インデックス(情報を登録)

一定数の情報を集めたら、その後に情報を整理する作業(インデックス)を行います。

 

インデックス

③ランキング(情報を順位づけ)

インデックスされた情報を他の情報と比較して、より良い情報を掲載しているサイトやブログ(の記事)を検索結果の上位に持ってきます。

ランキングつけてく

クローラーがリンクからリンクに移動するのは異なるサイト・ブログ間だけでなく、同一サイト・ブログ間でも同様です。クローラーがたくさん周る方が情報収集も多いので、内部で関連し合う記事にリンクを貼ることも検索結果で上位表示されることに繋がります。

少しでも検索結果の順位を上げるために、リンクと被リンクを増やすように心がけよう!!

 

良い記事なら上位に表示される。

良い記事良い記事ってじゃあ良い記事っていったいなんなん?

またこれは詳しく説明しようと思いますが、

一つの指針として、リンクが他のサイトからたくさん貼られている記事は人気があり、

参考になると検索サイトは判断するため、上位表示される傾向にあります。

じゃあ、自分でいっぱいサイト作って自演でリンクぺたぺたすればいいやん!!!

こんな考えが、続出したので

検索サイトは自演リンクを見抜く方法を生み出して、今では自演リンクを貼るブログは検索結果に出にくくなりました。

このように、Googleの検索結果は、日々変化します

確実に上位表示を狙うことは難しいのですが、

常に最新情報をチェックすることである程度は対策できます。

基本的にGoogleとYahoo!は同じ検索結果になります。

ただしYahoo!は少しだけカスタマイズをした検索結果にしているので、

まったく同じ検索結果にはならないこともあります。

ABOUT ME
ayamameblog
AYAMAMEBLOG 100人に1人の人材×100を目標に いろんなことに挑戦中! どこでも仕事ができるノマドワーカーになることと自分のビジネス、会社をつくることが目標です。 勉強記録や日記にもなるかもしれませんが 日々感じたことを投稿していきます。 歯科衛生士、バーテンダー、居酒屋、イラストレーター、パーソナルトレーニングetc あなたが飽きたことは成長した証。
RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. […] 前記事に書いたとおりWebクローラーに多くきてもらうためにブログ内でリンクを貼ること(内部リンク)もSEOの一環です。 ✍️まだ読んでない人は前記事をここから読む […]

  2. […] クローラーなどの言葉の意味がわからない人はこの記事を読もう。→検索上位に表示される方法 […]

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。