生き方や考え方

二人三脚

わたしが望むパートナーとの在り方について

 

本当の愛を見失っていたわたし

コミュニケーションをとるのも得意で

友達をつくるのも得意だったわたし

しかし、ほんとうの愛というものが

自分にはかけているんじゃないか

というのが悩みだった。

相手に干渉されるのが嫌だった

結婚しても、別居でいいと思っていたし

寝るとこだって別が良いと思っていた。

 

自分の中で趣味や仕事が最優先で

それに合わせられる人なんて

存在しないと思っていたから

 

だったら1人が楽だと思っていた。

ひとりのフルマラソンが

わたしにはぴったりだと

心のどこかで言い聞かせていたのかもしれない。

 

ひとりで走るのはめちゃ簡単なこと

ペースが乱れようがだれからも文句は言われないし、

寄り道だってなんにも考えずにできる。

だれからも足を引っ張られることがなく

ひとりで突き進めば自分のペースで目標は達成できる。

 

でもしんどいときもひとりだった。

だれにも頼らずひとりで解決していた。

 

ふたりで並んで走るのもまあまあ簡単

ペースに合わせるだけでいいし

合わなかったら

最悪、一緒に走ってた人を

おいてくことだってできるから。(最低だけどね)

ひとりで走るのは不安だから

たまに励ましてもらったりするような

都合のいい関係性。

ひとりで走ったり、たまにさみしくなれば誰かと走る。そんな関係性でいいと。それが楽だとおもってた。

 

最近そんな考え方が変わった。

これからのわたしが望んでいるのは二人三脚

お互い別の人間なんだけれども

身体の一部になるような感覚

早く進むにもゆっくり進むにも
2人の協力なしではゴールは目指せない。

左足をわたしが一生懸命動かして、


あなたが右足を一生懸命動かせば、


真ん中の足も動いて前に進めるけど


どちらかがサボったり進むことをやめてしまったら
片方にものすごく負担がかかるし、
前にすら進むことはできない。

逆にゴール設定を一緒にしておかないと
行く場所が分かれてしまうので


お互いの結んでる紐が解けてしまったり
足がもつれてこけてしまったりする

だからゴールを話し合ってお互いでふたりの人生設計をする。

相手がとまったら自分がきつくなくても

一緒に休憩したりして
あとは背中をおしてあげたり
声かけしながらゴールを目指す。

1人ではなく
お互いがお互いに寄り添い合うような関係性

いままでひとりで走ってきたわたしは

ふと、思った。

長い道のりを走った先のゴールに

わたしの中にはなにが残るんだろうって。

いままでは家族や周りのために頑張りたい

っておもっていて、そこだけしか見えてなかった。

当然、なにもなく普通に生きていれば

親の方が先にいなくなる。

そうなったときにわたしはゴールを見失う。

両親はそんなわたしをみて幸せと感じるのだろうか

親が望んでることって

わたしが幸せに生きていることなんじゃないか

 

そんなふうにおもった。

ひとりで生きようとするのはやめよう。

自分がいままで生きてきて出会ったひと

幸せと感じた瞬間

美味しいとおもったもの

悲しかった過去

懐かしい匂い

今日も楽しかったねと

いろんなことを共有して言い合える関係。

 

昔のわたしの口癖は

「幸せも悲しいも半分こ」だった

そんな初歩的なことを見失っていたんだって気づいた

 

自分でそんなひとはいないって

勝手に決め付けていた気がする

そうなったのも

自分が本当の意味で人に寄り添おうとしてこなかったからだと思った

まずは自分から寄り添って

芯からお互いを理解する。

 

たとえそのひとの名誉や仕事が

なんにもなくなっても、

ゼロになっても、

自分の身体の一部だとおもってるから

他人事ではない。

信じてる。

大丈夫だよ。わたしがいるから。

もうすこしがんばろうって

言ってあげれる。支えになる。

 

そのひとのためなら

自分が無理したっていいなって思う。

 

自分を犠牲にしてまでも守りたいものができたとき

人ってすごいエネルギーを発揮できると思うんだ。

 

最初は慣れなくて

ふたりの足がもつれたりするかもしれないけど

息が合うようになれば

ひとりでやってきたことの何十倍も

素敵なことが起こってくるような気がする(^∇^)

 

そんな優しい人間にわたしはなりたいと、強く思っている。

 

 

 

 

ABOUT ME
ayamameblog
AYAMAMEBLOG 100人に1人の人材×100を目標に いろんなことに挑戦中! どこでも仕事ができるノマドワーカーになることと自分のビジネス、会社をつくることが目標です。 勉強記録や日記にもなるかもしれませんが 日々感じたことを投稿していきます。 歯科衛生士、バーテンダー、居酒屋、イラストレーター、パーソナルトレーニングetc あなたが飽きたことは成長した証。
RELATED POST

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。