生き方や考え方

お前のおっぱいにしか興味ないって言われてたわたしがファンを増やして売り上げNO.1になった話

プロローグ・・・・・・
これが誰の役に立つかはわかんないけど、
いつも笑って接客している裏側には辛いこともたくさんありました。

でもこれって私だけじゃないと思うんですよね。
なかなか会話できない人や自分に自信がなくて端っこに立っている人

いろんな後輩を見ているうちにこの記事を書きたくなりました。

辛いところに無理にとどまる必要なんてありません。

ただ、失敗したことや辛かったことを
ああ、辛かったな」で終わらせたらもったいないなって。

私自身もコンプレックスの塊で、
お客さんからも「おれ、お前のおっぱいにしか興味ないけん」って
言われていました。

そんな経験を乗り越えて売り上げNO1になった時のお話をしようと思います。
ちょっとした工夫で「興味が無い」から、「興味を持ってもらえる」ようになります。

これはバーだけの特別な話ではないと思います。

お時間がある方は少しだけ覗いていってみてください。

 

ちょっとしたきっかけ

本業は歯科衛生士なんですけど

いろんな人ともっともっと関わりたい!!

っておもってちょうど一年前からとあるバーで

バイトとして働き始めました。

バーって”ランダムで人と会話できる”じゃないですか

そんでもってお酒呑めてお金もらえる

 

めっちゃ良いやん!!
ayamame
ayamame

って思ったんですね。

求人票に、

「キャバクラやガールズバーで働く勇気がない方におすすめ」

的なことが書かれてあって、

会話には自信はあったけど、

顔面に自信がなかったわたし

そのキャッチコピーと

時給2000円というパワーワードに惹かれて

面接を受けにいきました。w

面接で知らされる事実

ayamame
ayamame
話と違うじゃない!!!!

そこで時給が2000円ではないことを知らされました。

お酒をもらったバックの金額時給の平均の合計

2000円って意味だよ(・∀・)

って代表の人に言われて

えっ!求人の掲載と話と違う・・・
ayamame
ayamame

って思ったけど

結局、時給1000円でスタートしました。(゚∀゚)

1C545C7E-6BD9-4BEB-9736-7DAF7C8DB9A2

つまり、ドリンクをお客さんに頂けないと

時給は1000円のまま。

しかもスタッフが32人くらい

在籍していたので

シフトにはなかなか入れてもらえない

と言うのが現実でした。

 

ayamame
ayamame
全然稼げんやん!!!

これが最初のイメージでした。

顔も可愛いわけではない、スタイルも良くないわたし

 

当然、店の稼ぎにはなれないので、

なかなかシフトに入れてもらえない日々が続きました。

たまに入ったシフトでも、

ほとんどがビラ配りの日々

 

はあ、こんなはずじゃなかったわ…
ayamame
ayamame

と思っていました。

でも、どうにか、

なかの接客に入りたかったので

まずはビラ配りで顔を覚えてもらおうとしました

同じ時間帯に同じ人が現れる法則

わたしはだいたい、同じ曜日の同じ時間帯に

ビラ配りをしていました。

最初は知らない人ばかりだったけど

同じ曜日の同じ時間帯に外に出ていると

帰宅時間とかぶる人たちがいました

その人たちに向けて

 

あっ!今日もお疲れ様です〜(満面の笑み)
ayamame
ayamame

と、手を振るようにしました

そうするとおじちゃんたちはニコニコで答えてくれて

チラシを5枚くらい一気にもっていってくれました

あんた配り終わらんと中に入れんっちゃろ?」と言って

ビラ配りを手伝ってくれる人もいたし

そのままお店に来てくれる人もいました。笑

中には無言で差し入れをくれる仕事帰りの人もいました。

お店に来たことがない人でも顔なじみになることを意識したのです

ビラ配り中に自分の名前を覚えてもらう

ビラに自分の名前を書きました。

手にとってくれる人に

自分の出勤しているだいたいの曜日と名前を早口で伝えました。

「お疲れ様です!!木曜日の0時まではお店にいます!あやって言います!!遊び来てください!!」

去っていく背中にもう一回自分の名前を叫びます。

あやですぅぅぅぅ👋!!!
ayamame
ayamame

そうすると、お店にビラを持ってきてくれて

わたしの名前を指名する人、

わたしの出勤時間内に席に座ってくれている人、が出てくるようになりました(゚∀゚)

わたしの名前を呼んでくれればわたしのお客さんになるので

晴れて店の中で接客することができるようになったのです٩( ‘ω’ )و

IMG_8325

めちゃくちゃ話しかけまくる

ここからはあやちゃんの襲撃です。

めちゃくちゃ話しかけまくります。

内容なんて正直なんでもいいんです。

例えばその人がスーツだったら

・お仕事帰りですか

・職場近いんですか

・お仕事大変ですか

・スーツめちゃめちゃオシャレですね

とか、

(仕事の話は嫌がる人もいるので注意だけど)

時計とか靴とか携帯のケースとか、

携帯に入ってるステッカーだったりとか

そこから趣味を連想させたりして話しかける。

どうしても会話が思い浮かばなかったら

天気の話でも地元どこですかとかでも

ありきたりなものでもなんでもいいんです

そこから会話が広がるから。

ファーストコミュニケーションがまじ大事。

そして話すことなんて考えれば無限に出てきます

 

あとはお客さんの名前と特徴を覚える

当然、自分の名前を覚えてもらうためには

お客さんの名前を自分が覚えることが大切。

わたしは、記憶力がまるでないので

これがめちゃ大変でした。_| ̄|○

 

話をした人の写真を撮るようにして

その写真に呼び名を携帯のマークアップ機能で書き込みました

842C92EB-7CFD-4DF1-BAA3-1372DAA85B57

どれだけ酔っ払っていても

意識があるうちは話したことなども記録するようにしていました。

ほぇえ!酔っ払ったけどメモ!!!
◯◯さんね。📷!!!
趣味は、友達と◯◯の店でショット🥃を呑むことね✍️
ayamame
ayamame

お客さんと同じドリンクを呑む

名付けてお供します作戦wwwwwwwwwww

わたしはお客さんに『お供します』と言って

一緒に同じドリンクを同じスピードで呑んでいきました。

大抵、一緒に呑んで欲しいと思っている

40代50代の優しい方たちは喜んで呑ませてくれます。笑

IMG_8332
はい🙋‍♀️私もお供します✋!
ayamame
ayamame

会話で楽しんでもらってからドリンクをもらう

席についてすぐドリンクをもらおうとする人がいますけど

目先の売り上げしか考えてない人は

その時はいいかもしれませんが

常連客をつかむことはできないです。

これは周りを見てもそう思うし、

お客さんも実際に嫌です。

私もお客さんだったら、嫌です。🙅‍♀️

 

私は店長と一緒に、徹底的に会話を楽しんでもらうことを意識しました

そうすると、こちらからお願いしなくても

お客さんから「飲みなよ!!」と言ってもらえたりします。

楽しいからまたくる。常連客が増える

一回の大きな売り上げよりも

常連さんを増やす方がお店にとっても、強みになると思います。

会話を楽しんでもらうためには

お店の雰囲気も良くないとダメですね。

そのためにはスタッフ同士の円滑なコミュニケーションは必須です

会話中も他の席のドリンクをみる

例え、自分が担当している席ではなくても

ドリンクのグラスの空き状況を見るようにしていました。

グラスのドリンクが半分くらいになると気にかけつつ

氷二個分くらいになったら、何を呑むか先に聞いて

なくなる頃に新しいドリンクが出てくることを意識していました。

OOさん!!美味しそうに呑みますね!!次は何にしますか〜???
ayamame
ayamame

呑み放題なのにドリンクがなかなか出てこないって言うのは

もし自分がお客さんだったら嫌だからです。

そして、これを意識してドリンクをもっていくと

「あなたも飲みなよ」といろんな席のお客さんから

ドリンクがもらえるようになりました。

もし聞くのが早すぎても、

まだいっぱいはいってるわ!!』って大抵お客さんからツッコミが入ります。

これはこれで盛り上がるんでOKなのです。

お客さんと友達になる

客と店員というよりも

友達になるような感覚で接するように心がけました。

無駄に褒めたりもしないし

普通にいじったりもする。相談にも乗る。

相手が黙っている時はこちらが会話を振って

相手が話す時は聞き手に回る。

わたしに家庭内の相談をしてくる人とか

恋愛相談してくる人とか

最初の頃は本当に相談やさん?って思うほど

いろんな人の悩みを聞いていました。

そうすることで本音で語れる信頼関係が生まれます٩( ‘ω’ )و

 

私になんでも話してちょーだい!!
ayamame
ayamame

もらったお酒は目の前で飲みきり帰る時は必ずお見送り

相当忙しい時は、

ごめんなさい!!!お見送りしたいけど手が離せない!!!!!

っていう時もあります。

でも話したお客さんは必ず、出口のとこまでお見送りして

(ハイタッチとかして)お別れします。

どんだけ、友達のようになっても

感謝を忘れちゃダメかなと思いますね。

たまに気づかない間に帰ってしまっていることもありますが・・・

その時は連絡を一本入れるように心がけています。٩( ‘ω’ )و

ありがとうございます!!楽しかったです!
またお持ちしています👋〜
ayamame
ayamame

とにかく自分が楽しむ!!!

IMG_8334

わたしもお客さんからデブだとか隣の子の方が可愛いとか

お前のおっぱいにしか興味がないとか

いろんなバッシングを受けてきました。

正直、泣きたくなって、

接客から逃げてグラス洗いばかりしたくなった時もありました

いくらお酒の場だと言っても

わたしも人間だし、女の子だし

普通に傷つきましたよ。(みんな飲みいく時は気をつけてあげてね)

私だって悲しいよ・・・
ayamame
ayamame

でも、「傷ついた。悲しい!!」で終わらせるんじゃなくて

「次、こういう風に言われたらなんて返そう💭」って考えました

その結果、全部笑いまじりで返せるようになって

コミュニケーションお化けと言われるようになり

それがうけるようになって

別に可愛くもないわたしが

1回の出勤で40杯ほどお客さんにドリンクをいただけるようになり

(もともと2杯くらいだった)

いつの間にかお店のキャラクターになり売り上げトップになっておりました。

img_7656

週に4回で4〜5時間しか働いていないのに

時給1000円だけど、バックの金額で本業とほぼ変わらないくらい稼いでいました。

顔じゃなくて中身を知ってもらう

こういうことを通して

あなたに会いにまたくるねって言ってもらえるようになったのです。

だから自分の容姿を気にして

話さない・話せないっていうのは

めちゃもったいないんです

中身を知ってもらえば、

それは外見だけよりもはるかに

濃い関係が築けます。

一回でもいいので話しかけることに

トライしてみてください

その気持ちが必ず相手に届くはずです٩( ‘ω’ )و

失敗したら、なんでダメだったか

考えればいいんです!!!

ayamame
ayamame
最初は失敗して当たり前
頑張ってる自分を責めないでね

相手の目線に立って

コミュニケーションをしっかりとって

信頼関係を築けば必ずファンはできます

これはなんでもそうだと思います٩( ‘ω’ )و

IMG_8335

 

・・・・・・・

追記

私は失敗したことや辛かったことも

こうやって自分のストーリーを面白くしてくれる

って考えるようになってからとても楽になりました。

(実際に辛い時はこんなことを考える余裕はなくなるけど)

落ち着いたときにそんな風に考え方をシフトチェンジしますw

いろんな生き方があって良いし

無理する必要なんてないけど

勇気を出して頑張ろうとする人、

でもどうやったら良いかわかんない人

そんな人の力になれれば嬉しいです。

ayamame
ayamame
きっとどうにかなるから大丈夫🌻






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ayamameblog - にほんブログ村

ABOUT ME
ayamameblog
AYAMAMEBLOG 100人に1人の人材×100を目標に いろんなことに挑戦中! どこでも仕事ができるノマドワーカーになることと自分のビジネス、会社をつくることが目標です。 勉強記録や日記にもなるかもしれませんが 日々感じたことを投稿していきます。 歯科衛生士、バーテンダー、居酒屋、イラストレーター、パーソナルトレーニングetc あなたが飽きたことは成長した証。
RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. robe より:

    いろんな人にいろんなこと言われても、いい経験だと思いますよ✊

    僕が言っても全然喜ばれないと思いますが、笑顔めちゃくちゃかわいいですね🙂👍

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。