生き方や考え方

そもそも親孝行ってなんだ?

今日は半年ぶりに実家に帰った。

わたしは

親孝行したい=仕事がんばろ

という考えだったのですが

今日実家に帰って考え直した。

Processed with VSCO with c1 preset

 

そもそも親孝行ってなんだ?

母の日や父の日にプレゼントを送ること

誕生日を祝うこと

一緒にどこかリラックスできる場所へ連れ出すこと

 

わたしはこれで「親孝行した」と思っていた

 

過去の記事をチェック▶︎明日両親が脳梗塞で倒れたら。

何かを買ってあげるためには

お金が必要だし

親の老後をちゃんとみるためには

お金が必要だし

親がいきなり病気になったら

ちゃんとした治療を受けてもらいたい

そうなるとやっぱり

お金が必要だし

 

だから今、死に物狂いで

毎日毎日何かと闘って、

働いているのだけれど・・・

 

 

いつの間にか・・・・

 

 

親孝行すること<仕事になっていた

いつの間にか

今日どれくらい仕事の時間を確保できるかな

ってのが頭から離れなくなっていて

実家に帰って、家族と過ごしていても

夜には一人暮らしの家に帰って

作業していなくてはならない自分

頭の中で想像していた。

 

その時、自分の優先順位が家族との時間よりも

仕事をする時間が上になっていたことに気がついた。

 

”わたしはハッとした。”

 

画面と向き合う仕事なんて

いつだってできるけど

家族と向き合って話ができる時間は

あとどのくらい残されているかわからない。

 

それなのにわたしは仕事をする時間のことが

頭から離れなくなっていた。

 

今この瞬間を大切に。

 

そんな言葉の意味を改めて考え直した。

仕事する時間よりも家族と過ごす時間を優先に

わたしが今までやっていた親孝行は

優しさの押し付けだったのかもしれない

 

プレゼントを渡したら

ありがとう」の後に「こんな高いものはいらんよ

と毎回、親は言う。

 

親が一番笑顔な瞬間って

プレゼントをもらった時とかじゃない。

 

ただ一緒に

最近あった出来事や面白かった話

悩みなどを共有して

一緒に顔を合わせて話している時だって思った。

 

お金やものじゃなくて一緒に過ごす時間が大切なんだ。

 

正直、自分にとって仕事の波が来ている状態で

いつものルーティンが崩れて

その時間を十分に確保できないとストレスを感じてしまうようになっていたのも事実だ。

 

家族と過ごしたいのにやりたいこともたくさんあって

時間が気になる自分に嫌気が差していた。

 

そもそもなんのために今やっていることをしていたのかってもう一度自分に問いかけた。

 

周りの人たちが困ったときに助けてあげられるだけの稼ぎが欲しい

という気持ち。

 

でも「困ったときに助ける」も大切だけど

今、「目の前の人との二度と返ってこない時間を大切にすること」

の方がもっと大切だと思った。

 

だから「最悪、今日中にブログ書けなくてもいいや。

家族との時間を大切にしよっ( ̄∇ ̄)」て思って

自分を許してあげることにした。

 

 

おかげでお父さんやお母さんと

お兄ちゃんとお兄ちゃんの彼女と

ゆっくり休日を過ごせました( ̄▽ ̄)

 

Processed with VSCO with c1 preset

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ayamameblog
AYAMAMEBLOG 100人に1人の人材×100を目標に いろんなことに挑戦中! どこでも仕事ができるノマドワーカーになることと自分のビジネス、会社をつくることが目標です。 勉強記録や日記にもなるかもしれませんが 日々感じたことを投稿していきます。 歯科衛生士、バーテンダー、居酒屋、イラストレーター、パーソナルトレーニングetc あなたが飽きたことは成長した証。
RELATED POST

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。