ブログ

お父さんからの贈り物

5月22日、私が生まれてからちょうど25年と1ヶ月が過ぎた。

 

桜の花がいつの間にか散っていた

肌寒い季節が終わろうとしていた

 

そんなことにも気がつかないくらい、

どうやら私は忙しい日々を過ごしていたようだ。

 

22日の朝8:42

仕事中の私のポケットが震えた。

お父さんからの業務連絡のようなLINEの通知だった。

LINEの画像

何を送付したいのかもわかんないし、

相変わらず改行もおかしい。笑

お父さんは私が幼い頃からずっとずっと仕事人間だった。

 

休みの日も図書館に引きこもって勉強していたので

小さい頃に遊んでもらった記憶があまりない。

 

毎回仕事の上司から送られてくるようなLINEを私やお母さんに送ってくる。

 

お母さんはこんなメールを見て、

いっちょん意味がわからん!普通に連絡できんのかね

(全然意味がわからない!普通に連絡できないのか)

と毎回、機嫌が悪くなる。

 

これも私にとってはお決まりだった。

 

今回はどうやら住所を教えて欲しいらしい。

 

私は誕生日が近かったのでとっさに

何かを送ってくるんだなと期待した。

 

それから1日が経って、また連絡が来た

 

LINEの画像

送り状のところの品名に

「箱類 眼鏡」と書いてあった。

 

????

 

私は眼鏡をつけないぞ?

 

一気にハテナが浮かんだ

それと同時に何を送ったのか気になった。

なんだかサプライズをしようとしているお父さんが可愛くなって

いじわるしたくなる自分がいた。笑

父とのLINE

ワクワクが止まらなくなった私は

インスタグラムで「何が届くか」という質問を投げてみた

大喜利でもするかのようにみんなから面白い回答が寄せられた。

愛が届くと言う人もいれば

眼鏡型のお菓子を予測する人もいた。

そこから2日間私はずっと楽しみだった。

そして今日、やっと私の家に宅配が届いた。

IMG_7752

 

届いたのは長方形の箱だった。

え?なにこれ?と思いながらテープを剥いで行く

IMG_7719

頑丈!!!!!!!!!笑

 

ここまで開けてみても何が入っているのか

全然わからなかった

 

ワクワクしながら、そのさきをみた。

IMG_7720

 

私はハッとした。

ハートのフレームの中に

なんだか懐かしい絵が見えた。

私は泣きそうになった。

昔、お父さんが作る年賀状がダサいから

友達には出したくないと言ったことがあった。

あの時となにも変わらない絵だった。

もう、お父さんダサいよ」って笑いながら

私は泣きそうになった。

 

絵の中のお父さんは両手をあげて

私におめでとうって言ってくれていた。

とっても優しい表情で。

こんなお父さん見たことなかったけど

なんか自然と心に入ってきた。

これを作っている時のお父さんの気持ちを考えると

嬉しくてたまらなかった。

25の5だけなんで赤いのかわからないけど

彩とAYAってなんで二回書いたのかわかんないけど

突っ込みどころ満載のこの一枚の紙が

お父さんらしくて

幸と書いてあるハンコも

ありがとうと書いてあるハンコも

なんか一つ一つが嬉しくって

私にとっての宝物に思えた。

お父さんからのプレゼント

 

他には羊羹とネックレスが一緒に入っていた。

 

なんで羊羹チョイスなのかわからない。

クスクス笑ってしまった。

やっぱりお父さんは期待を裏切らないなあ・・・☺️

私はこんな不器用で優しいお父さんの娘に生まれて幸せです。

 

お父さんは私に絵は心ですって言ってたよね。

私、わかってたつもりだけど、

今日やっとほんとの意味が分かった気がするよ。

お父さん、私も、みんなに心を伝えられるかな。

伝えられてたらいいな。

お父さんの写真

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ayamameblog
AYAMAMEBLOG 100人に1人の人材×100を目標に いろんなことに挑戦中! どこでも仕事ができるノマドワーカーになることと自分のビジネス、会社をつくることが目標です。 勉強記録や日記にもなるかもしれませんが 日々感じたことを投稿していきます。 歯科衛生士、バーテンダー、居酒屋、イラストレーター、パーソナルトレーニングetc あなたが飽きたことは成長した証。
RELATED POST

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。